2019年度/夏学期/第5講

前回<<第5講>>次回
 貨幣について(2)

訪問者:氏名不詳



5-4:

+


  • 前回の質問1は???だったようで、講義の後に質問がありました。別のバージョンで質問してみます。

    5-1:

    +


  • 大正解(素晴らしい回答がありました):「商品として借りたものは等価物で返す必要があるため、10万円分のアズキ商品を借りたのであれば、物理的に同量のアズキではなく10万円分のアズキ商品を返さなければならない。」

商品貨幣

+  商品貨幣とは

理論的な考察のまとめ

+  ...
+  ...

商品貨幣の二つのタイプ

直接型:物品貨幣≒金属貨幣≒金貨

  • 物品貨幣:特定の商品の物量を表現単位にした貨幣
  • 金属貨幣:
    +  ...

間接型:信用貨幣 日本銀行券など。

  • ポイント 物品貨幣だけが商品貨幣ではない。信用貨幣も立派な商品貨幣である(教科書 48頁の分類図をみてください)。
    +  ...
  • 日本銀行券
    +  信用貨幣=商品貨幣の一種である理由は...
  • 市中銀行の預金も
    +  信用貨幣=商品貨幣の一種である理由は...

銀行預金から派生した貨幣

+  ...

もう一度最後に、

+  信用貨幣とは

である。


まとめの問題


5-2:

+



5-3:

+


法令貨幣 フィアットマネー

+  理論的に考えると...
+  しかし現実には...

商品貨幣論の枠組み(まとめ)

態 様実装方式この講義の立場通 説
物品貨幣金幣・銀幣 etc商品貨幣 =商品から
演繹的に導出できる
本来の貨幣=
金貨本位制
信用貨幣兌換銀行券
不換銀行券非本来的な貨幣=
管理通貨制
フィアット・マネー国家紙幣原理的には不可能な貨幣

参考